レモングラス

このスパイスのブランドラインナップ
GABAN
概要

概要

その名のとおりレモンによく似た香り(レモンと同じ香り成分)をもっており、刈り取っただけでもよい香りがただよいます。最近でこそヨーロッパでも見かけるようになりましたが、元々はもっぱら東南アジアの料理に使われるもの。タイのトム・ヤム・クン(えび=クンを使った、酸味と辛味のきいたスープ=トム・ヤム)には欠かせません。

メモ

メモ

  • ハーブとしてだけでなく、キャンディーなどの菓子やジュースに、また入浴剤や化粧水にもレモングラスが香料として使われることも多い。
植物

植物

熱帯〜東南アジア、インド原産のイネ科の多年草。ススキに似た外観で暑い地域では草丈2mほどにもなる。
茎の根元の部分が丸みを帯びてふくらんでいるのが特徴で、この根元から刈り取って(3〜4カ月ごとに収穫できる)乾燥させる。

料理

料理

  • スープや煮込み料理の香り付けに、きざんで肉や魚にまぶしてにおい消しにと、タイ、ベトナム、インドネシアなどの東南アジアの料理には欠かせない。カレーに加えることも。
  • 煮ても繊維が残るので、ホールの乾燥品は風味付けとして利用するかごく細かくして使うのがよい。
  • ハーブティにしてもさわやかな風味が楽しめる。
スパイスマスターのワンポイントレッスン

SPICE SEARCH

  • フリーワード検索
PAGE TOP