バジル、バジルシード

このスパイスのブランドラインナップ
GABAN
NEW CROWN ACE
House
概要

概要

トマトとよく合う、イタリア料理ではおなじみのハーブで、イタリア語ではバジリコといいます。さわやかな香りは青じそにも似て、日本人にもなじみやすい風味。最近は生のものも多く出まわっています。生のバジルと、モッツァレラチーズとトマトのサラダはイタリアの代表的なサラダ。バジルシード(バジルのタネ)はイタリア料理では使われませんが、東南アジアでは昔からデザートとして利用されてきました。

メモ

メモ

  • バジルシードは水を吸うとゼリー状になることから、江戸時代の日本では目に入ったゴミを洗うのに使っており、そこから和名「目箒木(めぼうき)」と名づけられたという。
  • イタリア料理で有名なジェノベーゼソースはバジルとにんにく、松の実、チーズ、オリーブオイルをペースト状にしたもの。
  • 東南アジアではバジルシードはスウィーツの素材として使われる。
  • 乾燥品は通常のホールとフリーズドライのホールがあるが、乾燥方法が異なり、フリーズドライの方が香りや色が良い。
植物

植物

シソ科の一年草で、原産地は(イタリアなど地中海沿岸ではなく)インド、スリランカ。
バジルの仲間には何種類かあり、一般的にハーブとして使われているのはスイートバジルという種類。
開花直前に葉を収穫し、香りも緑色もできるだけ保つように、比較的低温で乾燥させる。
バジルシードは水を吸うと表面が半透明のゼリー状になり30倍にもふくらむ。

料理

料理

  • トマト以外にも、魚介、とり肉、ピーマン、豆などさまざまな素材とよく合うので、利用範囲は広い。
  • イタリア料理と並んで、タイ料理、ベトナム料理にも欠かせない。
  • ドレッシングにペパーなどといっしょに加える使い方も。
  • バジルシードは膨潤させてココナッツミルクなどに入れてデザートに。
スパイスマスターのワンポイントレッスン

SPICE SEARCH

  • フリーワード検索
PAGE TOP