タイム

このスパイスのブランドラインナップ
GABAN
NEW CROWN ACE
House
概要

概要

魚の生臭みを消し、また肉ともよく合う、西洋料理には欠かせないスパイスの1つ。さわやかな香り、ほろ苦さ、辛みが特徴です。利用の歴史も古く、紀元前700年代のバビロニアの園芸書にはその栽培法が紹介されています。また、古代ギリシャでは、このスパイスが「勇気」の象徴とされていました。

メモ

メモ

  • 通常のホールとフリーズドライのホールがあるが、乾燥方法が異なり、フリーズドライの方が香りや色が良い。
  • タイムの香りは特に魚介類の生臭みを消すのによい。
植物

植物

シソ科の多年草。シソ科の植物は芳香をもつものが多く、シソ科のスパイスの仲間も多い。
花をつけ始めたころに先端部分を数cm切り取って、葉、茎、花ともに陰干しにする。
地中海沿岸が原産地で、今でも南欧では多く自生している。和名はたちじゃこう草。

料理

料理

  • クラムチャウダーやシーフードチャウダーには付きもの。とりのソテーやクリーム煮、魚のムニエル、肉の煮込み料理等々にも。
  • 煮込み料理やブイヨンを作るときに使うブーケガルニ(ハーブの束)には、パセリ、ローリエとともに欠かせない。
  • ホールのタイムを、オリーヴ油や酢に漬けて風味付けするという使い方もある。
スパイスマスターのワンポイントレッスン

SPICE SEARCH

  • フリーワード検索
PAGE TOP