スペアミント、ペパーミント

このスパイスのブランドラインナップ
GABAN
House
概要

概要

お菓子や飲みものの風味として、ミント(薄荷)のさわやかな清涼感のある香りはどなたもご存じでしょう。数あるミントの中でハーブとして使われるのがとくに香りのよいペパーミントとスペアミント。ペパーミントはより刺激的な香りです。

メモ

メモ

  • ペパーミントの主要成分はメントールとメントンで、メントールはガムなどに使われている。一方、スペアミントはメントールほとんど含まれておらず、主要成分はカルボン。そのため、ペパーミントの方が刺激を強く感じ、スペアミントは甘みのあるソフトな清涼感を感じる。欧米で昔から親しまれているミントはスペアミント。
  • スペアミントは江戸時代にオランダから日本に持ち込まれたことから、オランダハッカといわれる。一方、ペパーミントは西洋ハッカといわれる。
植物

植物

シソ科の多年草で、交配しやすいためその品種は多くの品種がある。ペパーミントは、スペアミントと他の品種の交配種。
花の満開時に刈り取り、葉も花もじゅうぶんに乾燥させる。

料理

料理

  • ミントは砂糖とよく調和するので、甘い菓子やミントティーなどの飲みものによく使われるが、野菜や肉料理にもよい。特に肉の臭み消しの効果が強いので、イギリスではラムにはミントソースまたはミントゼリーが欠かせないものになっている。
スパイスマスターのワンポイントレッスン

SPICE SEARCH

  • フリーワード検索
PAGE TOP