ぶりの照り焼き

写真:ぶりの照り焼き

幼児期後期(3歳~5歳用)のお子様向けのレシピです。

調理時間
約25分
エネルギー
409kcal
食塩相当量
1.6g

(エネルギー・食塩相当量は1人分)

材料(2人分)材料(2人分)

    【材料】 【分量】
    ぶり   2切れ
      少々
    ギャバン18gジンジャー <パウダー>   少々
    薄力粉   大さじ1
    ギャバン4gローリエ(アメリカ産) <ホール袋入り>   1枚
    オリーブ油   大さじ1
----- (a)--------    
    砂糖   小さじ1
    みりん   大さじ2
    しょう油   大さじ1
      大さじ3
    ---------------    

作り方

  1. ぶりは軽く塩を振り、10分おいてからさっと洗い流し、ペーパータオルで水気をおさえ、一口大に切る。ジンジャーを少々振り、全体に薄力粉をまぶして、余分な粉は落とす。
  2. フライパンにオリーブ油を熱し、(1)のぶり、半分に折ったローリエを入れ、ぶり全体に焼き目がつくまで焼き、取り出す。
  3. フライパンをペーパータオルでふき取り、(a)を入れて中火~強火でとろみが出るまで煮詰め、(2)のぶりを戻し入れ、さっと煮からめる。

ひとくちメモ

  • 幼児期後期(3歳~5歳用)のお子様向けのレシピです。スパイスを使い、ぶりの表面をしっかり焼くことで生臭さをおさえています。たれとからめる時間を短くすることで、魚がパサつきづらくなります。食べやすい大きさ、薄めの味つけにしています。
  • 大人の方向けには、ぶりは切らずに1切れのまま調理し最後のからめるしょう油の量を増やしたり、水の半量をお酒に変えてもよいでしょう。
  • 仕上がりにゆでたほうれん草(お子様向けには食べやすく小さめにきざみます)や、焼いた長ねぎなどを添えてもよいでしょう。
  • ローリエは軽く折ってから使うと香り立ちがよくなります。使ったローリエは食べずに香りだけを楽しんでください。
PAGE TOP