ババ・オ・ラム(ラム酒風味のサバラン)

写真:ババ・オ・ラム(ラム酒風味のサバラン)

市販のパンで、簡単に

調理時間
約20分
エネルギー
343kcal
食塩相当量
0.7g

※エネルギー・食塩相当量は1人分の値です。
※商品切り替えなどで、栄養価が変更になる場合があります。

材料(4人分)材料4人分

    材料 分量
    ブリオッシュ 4個
    300ml
    ギャバン12gシナモンスティック(セイロンシナモン) 1本
    ギャバン12gクローブ <ホール> 2本
    砂糖 40g
    ラム酒 50ml
    生クリーム(植物性) 100ml
    砂糖 大さじ1
    ラム酒 小さじ2

作り方

  1. 鍋に水、折ったシナモン、クローブ、砂糖40gを入れて火にかけ沸騰したら、火を止めて漉(こ)し、ラム酒50mlを加える。
  2. ブリオッシュは頭の部分を切り離し、それぞれを(1)に浸し軽くしぼって取り出す。
  3. ボウルに生クリーム、砂糖大さじ1、ラム酒小さじ2を入れて泡立て、しぼり出し袋に入れる。
  4. (2)のブリオッシュの切り口に(3)の生クリームをしぼり出し、頭の部分をかぶせる。

一口メモ

*発酵生地を焼いてラム酒(またはキルシュ酒)風味のシロップをしみこませた菓子です。サバランとババはよく似ていますが、厳密にはパンなどに違いがあります。また、ババの由来は諸説ありますが、18世紀にポーランドの王が考案した菓子で、その名は愛読書の「アラビアンナイト」に登場するアリ・ババからとったと言われています。

PAGE TOP