メインビジュアル

タサン 志麻さん
タサン 志麻さん

ヒレ肉のローストポークベーコン巻き

肩ロースの塊肉で作ることが多いローストポークですが、このレシピでは、スーパーで手に入りやすいヒレ肉を使用。ヒレ肉があっさりしている分、ベーコンのコクと、食欲をそそるパプリカ&チリパウダーの香りでパンチを効かせています。ベーコンで巻いてから焼くことで、ヒレ肉がしっとりと柔らかく仕上がるのもポイント。タイムとローリエは、フランスでは肉にも魚にもよく使われるハーブ。少量を加えるだけで食材に上品な香りがついて、リッチな味わいになります。

使用しているスパイス
調理手順 詳しいレシピはこちらから

ガランティーヌは、前菜としておなじみのフランス料理。ひき肉の中に入れる具材やスパイスに決まりはなく、お店や家庭によってバラエティ豊富です。今回は、クミンとコリアンダーを使ってエスニック風に。鶏肉が淡白なので、スパイスの爽やかな香りとプルーンの酸味でアクセントをつけました。余裕があるときに作って冷蔵庫で冷やしておくと、お酒のおつまみやサンドイッチの具、お弁当のおかずなど、いろいろな使い方ができて便利です。

使用しているスパイス
調理手順 詳しいレシピはこちらから

フランスのパティスリーにあるようないちごのミルフィーユも、冷凍パイシートを使えば手間をかけずに作れます。パイに挟むカスタードクリームは、一から手作りで。ホールのバニラビーンズを加えて、香り豊かで本格的な味わいに。一度カスタードクリーム作りをマスターしておけば、パンに挟んだりフルーツに添えたりと自分流にアレンジできますよ。

使用しているスパイス
調理手順 詳しいレシピはこちらから
詳しいレシピはこちらから

細かく刻んだ魚介とアボカドを、オリーブ油、レモンペースト、 ディルやチリパウダーなどでさっぱり風味に味つけ。 バゲットを添えて、前菜やワインのおつまみに。

使用しているスパイスはこちら
詳しいレシピはこちらから
スパイスで旅する世界の食卓 HOMEへ戻る

とけいじ千絵さんの 実はスパイスも使えるんです!子どもの味覚を広げるすすめ

印度カリー子さんの スパイスでこころ満足晩酌タイム

タサン志麻さんのもう余らせない!スパイス使い切り活用術

小田真規子先生が「減塩」をレクチャー スパイスでお手軽減塩!

PAGE TOP