ラムのクスクス

写真:ラムのクスクス

クスクスは、アフリカの言葉で、本来は小さな粒状にしたセモリナのことであるが、肉や野菜の煮込みを組み合わせた料理のことも言う。ラム肉と野菜をたっぷり味わうエキゾチックな料理

調理時間
 
エネルギー
362kcal
食塩相当量
1.8g

(エネルギー・食塩相当量は1人分)

材料(5人分)材料(5人分)

    【材料】 【分量】
    ラム 300g  
    ガルバンゾ(缶詰) 1缶 130g
    玉ねぎ 中1個 200g
    にんじん 中1/2本 100g
    ズッキーニ 1本 200g
    特選本香り生にんにく 小さじ1  
    オリーブ油 大さじ1  
    ホールトマト缶詰 中1缶 290g
    ギャバン15gクミン <パウダー> 小さじ1  
    ギャバン16gオールスパイス <パウダー> 小さじ1/2  
    ギャバン18gパプリカ <パウダー> 大さじ1/2  
    ギャバン15gレッドペパー <パウダー> 小さじ1/4  
    ギャバン21gブラックペパー <パウダー> 小さじ1/4  
    小さじ1強 6g
    4カップ(800ml) 800g
    デュラム小麦セモリナ粉 200g 200g
    約大さじ6  
    少々 2g
    レーズン 大さじ1 3g

作り方

  1. 玉ねぎは薄切り、にんじんは輪切りまたは半月切り、ズッキーニは輪切りにする。ラムは一口大に切る。
  2. ボールにセモリナ粉と塩少々を加え、湿り気を与える程度に水を少しずつ加え手ですりこむように練ってもろもろの状態にする。目の細かなざるまたはふるいに入れる。
  3. 厚手のなべにオリーブ油を熱し、玉ねぎ、特選本香り生にんにく、にんじん、ラム、水切りしたガルバンゾの順に入れて炒める。さらにスパイス類、トマトの水煮缶(汁ごと) 、塩小さじ1強、ズッキーニを加えて混ぜ、水4カップを入れる。
  4. 沸騰したら、2)を鍋の上にのせて、ふたをする。鍋でシチューを煮込みながら、その蒸気で上のセモリナ粉を約40分蒸す。途中シチューの水分が足りなくなるようだったら、水を加え、最後に味を整える。
  5. 蒸したセモリナ粉をフードプロセッサーで細かくする。器に盛り、ぬるま湯で戻したレーズンを飾り、シチューをかける。

ひとくちメモ

  • クスクスは、アフリカの言葉で、本来は小さな粒状にしたセモリナのことであるが、肉や野菜の煮込みを組み合わせた料理のことも言う。現地では、クスクシェという呼ばれる蒸し器の2段になった鍋を使うが、これは下段で肉や野菜を煮込み、上のセモリナを下からの蒸気で蒸すというという大変合理的な調理方法である。
  • セモリナのかわりに1晩水につけたあわやきびを使ってもよい。
  • レッドペパー(パウダー)の代替えとしてカイエンペパー(パウダー)やチリペパー(パウダー)もご利用できます。
PAGE TOP