~スパイス料理教室レポート~ 2019年5月30日(木)のスパイス料理教室の様子をご紹介します。
丸山 久美 先生 (スペイン料理研究家) 東京生まれ。アメリカ留学後、ツアーコンダクターとして世界を回る。その後、マドリッドに14年在住。2001年日本帰国後、雑誌などの編集ライターを経て、料理本を出版。テレビや雑誌などでスペイン料理を軸にした料理を紹介。2006年からスペイン家庭料理を中心に料理教室mi mesaを主宰。料理研究家として食卓に微笑みこぼれる心にも体にもやさしいレシピを提案している。著書に「10分で『本格タパス』」(講談社)、「カタルーニャ地方の家庭料理」「よくばりラテンサンド」(共に誠文堂新光社)「家庭で作れるスペイン料理」 (河出書房社)など。
今回のテーマは 「具材たっぷり、スパイシーな“ラテンサンド”とコールドスープ」 溺れたサンド 豆のディップサンド アボカドときゅうりのコールドスープ
料理教室の様子
メニューを見てどんな料理なのかな、と楽しみでした。お話も楽しく、勉強になりました。また、新しい料理で企画を考えて欲しいです。 今までに習ったことのない料理ばかりだったので新鮮で、そして、とてもおいしかったです。 先生の語りが優しくて、おもしろくて、皆さんと和気あいあいと楽しく実習ができました。 ラテン料理というテーマでスパイスについて習ったことがなかったので、とても勉強になりました。 これから暑い季節になるのでピッタリな料理でした。塩分が気になっているのでスパイスを有効に使ってみたいと思います。 簡単に作れてとてもおいしかったです。 なかなかスパイスを使いきれなくて古くなってしまうことが多いので、今日のレシピを知ることができて良かったです。
スパイス料理教室の申し込みはこちら
スパイス料理教室の申し込みはこちら

スパイスカレッジ

スパイス料理教室レポート

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

PAGE TOP