〜スパイス料理教室レポート〜 2013年10月30日のスパイス料理教室の様子をご紹介します。
本日の講師紹介 松村 圭先生(スパイスコーディネーターマスター(スパイスコーディネーター協会認定))味覚&子育て「いただきますの会」代表フードコーディネーターとして、メニュー提案・撮影・商品開発に従事しながら、味覚教育を取り入れた「食育講座」も数多く実施している。
今回のテーマは「きのこを使ったスパイス料理」 (右から)・カルダモンコーヒー ・鶏肉ときのこのパプリカ煮 ・クレソンとりんごのサラダ ・バナナのシナモンラムソース
1.デモンストレーション 本日のテーマは「きのこを使ったスパイス料理」 デザートまでいれて、1時間以内でできる簡単レシピですがとても見栄えがして食欲をそそりますね。
鶏肉ときのこのパプリカ煮
秋においしいきのこをたっぷりと使った料理です。きのこは、数種類組み合わせるとうまみが増します。今回は、しいたけ、マッシュルーム、ぶなしめじを使用しました。
きのこと鶏肉を炒めたら、白ワインで風味をつけてパプリカを加えてスープで煮込みます。スパイスは少量加えるのが鉄則ですが、パプリカは、比較的量を多めに加えても大丈夫です。最後に生クリームを加えます。
仕上げにタイムやローズマリーなどのハーブを加えると彩りとともにまた違った風味を楽しめます。
クレソンとりんごのサラダ
ドレッシングは、ヨーグルトにサラダ油とジンジャー・カルダモン・ホワイトペパーなどのスパイスを加えて作ります。
さわやかなドレッシングに、ローストした松の実の食感がアクセントになります。
バナナのシナモンラムソース
炒めたバナナに、シナモン・ラム酒・はちみつ・くるみなどで作ったシナモンラムソースをかけてできあがり。
生クリームを添えれば、おもてなしにも使えそうなおしゃれなデザートができあがります。
2.実習
3−4人のグループに分かれて実習です。
3.試食
お待ちかねの試食です。今回は、カルダモンで香りをつけたお湯を使ってカルダモンコーヒーを一緒にいただきました。
最後はお土産をお持ち帰りいただきました。みなさまおつかれさまでした。
参加者の声
・簡単に作れるものでしたが、スパイスを使い、手のこんだ豪華な料理になりました。
・パプリカは普段あまり使わないので、とても参考になりました。
・ここで使ったスパイスをお土産にいただけるのは、本当にうれしいです。
スパイス料理教室の申し込みはこちら
スパイス料理教室の申し込みはこちら

スパイスカレッジ

スパイス料理教室レポート

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

PAGE TOP