〜スパイス料理教室レポート〜 2013年9月13日のスパイス料理教室の様子をご紹介します。
本日の講師紹介 飯沼 敬子(ハウス食品 スパイスマスター)製品を使ったメニュー開発や、カルチャースクールなどでスパイスセミナーの講師をつとめる。
「スパイスをハレの日ではなくて、もっと日常的な家庭料理に取り入れていただきたい。料理の世界がひろがります。」
今回のテーマは「秋におすすめの家庭料理」 ・鮭の香草風味 にんじんのグラッセ ・いんげんとベーコンのサラダ ・りんごのカスタード ・カルダモンティー ・菊花ごはん
1.デモンストレーション 今回のテーマは「秋におすすめの家庭料理」 普段のなにげないメニューも、スパイスを取り入れることでぐっと新鮮なものになります。
今回は、旬の鮭やりんご、菊などを取り入れて秋の食卓を演出しました。
鮭の香草風味 にんじんのグラッセ
小麦粉をつけて焼いた鮭に、魚介によくあうタイムやマジョラム・パセリなどを使ったソースをかけて仕上げました。
付け合わせのにんじんのグラッセにはナツメグを加え、爽やかな香りをプラスします。
普段私たちが使っているナツメグとは、ナツメグの樹の種子にある仁の部分です。
種子のまわりの赤い皮の部分は、メースと呼ばれるスパイスです。
いんげんとベーコンのサラダ
普段の食卓にも作りやすいこのサラダは、クミンを加えて風味をプラスしています。
スパイスを使うときに失敗しやすいのは、使いすぎ(オーバースパイス)です。スパイスは、あくまで脇役。主張させないように使ってくださいね。
りんごのカスタード焼き
バニラビーンズで甘い香りを加えたデザートです。バニラビーンズはサフランなどと並び高価なスパイス。いわゆる「バニラの香り」の正体は、この黒いスパイスです。
写真のように、さやから種をしごきだして生地に香りをうつして使います。
2.実習
各班にわかれて、実習を行います。男性の方も積極的に取り組んでいました。
「オリジナルで、すてきな盛り付けをしてくださいました。」
3.試食
お待ちかねの試食です。今回は、カルダモンで香りをつけたカルダモンティーを一緒にお出ししました。
最後はお土産をお持ち帰りいただきました。みなさまおつかれさまでした。
参加者の声
・大変楽しく参加させていただきました。日頃あまりスパイスを使わないのですが、今後料理に取り入れていこうと思います。
・スパイスの使い方の応用の話も教えていただき、大変勉強になりました。
・いんげんとベーコンのサラダにクミンを使ったのには驚きましたが、とてもおいしくいただけました。ぜひ自宅でも作ってみます。
スパイス料理教室の申し込みはこちら
スパイス料理教室の申し込みはこちら

スパイスカレッジ

スパイス料理教室レポート

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

PAGE TOP