スパイス料理教室レポート 2013年1月30日のスパイス料理教室の様子をご紹介します。
本日の講師紹介 ロイチョウドゥーリ・ジョイ、邦子先生 ジョイさんはインド・ベンガル出身。現在は東京・町田でカレー店「アッチャ」を経営。邦子さんは長野県松本市出身。インド滞在中にジョイさんと知り合い結婚。息もぴったりのおふたりです。
今回のテーマは「冬の食材を使ったインド・ベンガル料理」 魚のカレー 野菜のカレー サフランクリーム
1.デモンストレーション 今回のテーマは「冬の食材を使ったインド・ベンガル料理」 野菜カレー ベンガル地方のカレーは、水分が多くてサラっとしているのが特徴です。たくさんのスパイスを使って作っていきます。スパイスは、入れるタイミングも大事。まずはスタータースパイスとして、クミンシーやマスタードシードなどを加熱し、油に香りをうつします。インドでは地方によってパーム油、ココナッツ油など使っている油が違うそうです。今回は、ごま油を使用!
次に野菜やすりおろした玉ねぎをいれ、ターメリックやコリアンダーなどのパウダースパイスを加えて煮込んでいきます。 スパイスを入れるときは、湯気で湿気ないように、一度器や手にとってから加えましょう
仕上げにガラムマサラを加え、香りをたたせます。
サフランクリーム サフランを使った、おもてなしデザート。 サフランは、その花のめしべで、10gのサフランを得るには1500本以上もの花が必要です。摘み取りもすべてが手作業で行われる高価なスパイスです。 水切りしたヨーグルトに、砂糖とサフランを加えて、レーズン、ナッツを混ぜます。
 サフランはすりつぶしてから使います。赤っぽく見えますが、混ぜるとこんなに鮮やかな黄色になるんです!
2.実習 いざ実習♪3〜4人のグループに分かれて、調理をしていきます。実習中は、先生が各テーブルをまわって直接アドバイスをしてくれます。
微妙な火の通し方や、味付けなど、レシピだけではわからないことが学べるのも料理教室ならではですね。
3.試食 今回はチャイと一緒にカレーを試食。おいしいカレーに会話もはずみます。最後は、帰ってすぐ作れるようにスパイスのお土産をお持ち帰りいただきました。みなさんおつかれさまでした。
参加者の声 ・野菜のカレーは、さつまいも、大根など身近なもので作れてよかったです。 ・魚のカレーがこんなにおいしいとは驚きでした。家に帰ってさっそく作ってみたいと思います。 ・先生が親切で説明もわかりやすかったです。料理以外にインドのお話も伺え、勉強になりました。
スパイス料理教室の申し込みはこちら

スパイス料理教室の申し込みはこちら

スパイスカレッジ

スパイス料理教室レポート

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

PAGE TOP