スパイス料理教室レポート 2012年12月14日のスパイス料理教室の様子をご紹介します。
本日の講師紹介・@松村 圭先生(スパイスコーディネーターマスター)味覚&子育て「いただきますの会」代表 フードコーディネーターとして、メニュー提案・撮影・商品開発に従事しながら、味覚教育を取り入れた「食育講座」も数多く実施している。
今回のテーマは「クリスマス向きのスパイス料理」 左から スモークサーモンとクリームチーズのディップ、鶏肉の赤ワイン煮、リースケーキ
1.デモンストレーション 今回のテーマは「クリスマス向きのスパイス料理」お手軽に作れて、おしゃれなクリスマス料理3品をご紹介いたします。鶏肉の赤ワイン煮込み 骨付きの鶏肉に4種類のハーブを加えて、水は加えず赤ワインだけで煮込んでいきます。
ベーコンと、鶏肉の骨からうまみがたっぷりと出て、煮込むほどにおいしくなっていきます。
ここで豆知識。GABANのスパイスは、青、緑、赤の3種類のラベルがあり、青はスパイス、緑はハーブ、赤はミックススパイスとなっています。
スモークサーモンとクリームチーズのディップ サーモンと相性のよいディルと、クリームチーズなどをあわせてフードプロセッサーにかけて作ります。食材とスパイスの相性を知っていれば、家庭でも応用ができそうです。
粉砂糖で「雪化粧」をほどこしたリースケーキ。ナツメグ、ジンジャー、シナモン、クローブの4種類のスパイスを使っています。ナツメグなどは、ハンバーグに入れる印象が強いスパイスですが、焼き菓子に入れると香ばしい香りが楽しめます。また、シナモンとあわせると、ほのかに甘い香りがただよいマイルドになります。
ワンポイント 「粉を2回ふるう」時は、こんな風に大小のふるいを重ねて使うと一気にふるうことができます。裏技!
今回もレイノー社の皿でテーブルコーディネートをしています。使用したのは「サラマンク」というシリーズ。美しいアラベスク模様が施されており、華やかでゴージャスな食卓を演出します。
2.実習 いざ実習♪3〜4名のグループにわかれ、手分けして調理を行っていきます。それにしても、みなさま手際がよいです。今回作ったリースケーキは、コツさえおさえれば意外と簡単にできるそうです。教室内には、スパイスのいい香りが漂います♪
3.試食 そしてお待ちかねの試食!シナモンスティックと、カルダモンを煮出して作ったスパイスティーと一緒にいただきます。最後はお土産をお持ち帰りいただきました。みなさんおつかれさまでした。
スパイス料理教室の申し込みはこちら

スパイス料理教室の申し込みはこちら

スパイスカレッジ

スパイス料理教室レポート

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

PAGE TOP