スパイスマスターのワンポイントレッスン オレガノ

トマトやチーズによく合う、イタリア料理、とくにピザには欠かせないスパイスです。シソ科のスパイスの中でも香りが強く、ややほろ苦さのあるさわやかな香りが特徴です。メキシコ料理によく使われるチリパウダーを構成する主要なスパイスでもあります。生の葉は香りが弱いので、ドライのものをおすすめします。

結婚式の新郎新婦の花冠として

同属のマジョラムとともに幸せを象徴するハーブとして、古代ギリシャ・ローマ時代には、結婚する新郎新婦がこの花冠をのせる習慣がありました。また死後の世界の幸せを願って、墓地にも植えられました。

飯沼敬子

スパイスマスターアドバイス

他のスパイスと組み合わせて使う

オレガノの香りが強いと思われる方は、単独で使わず同じシソ科のマジョラム、タイム、バジルなどをブレンドするとまろやかな香りになります。またオレガノとクミンの組み合わせて、鶏肉のソテー、焼き鳥、ひき肉料理などに使うのもおすすめです。

 

オレガノを使ってみよう

トマトソース

トマトソース

玉ねぎ1/4個(みじん切り)とにんにく1かけ(みじん切り)を炒め、カットトマト1缶とオレガノ小さじ1/2、塩を加え煮詰めます。パスタソースやフライのソースなどに。

ピザなどのチーズを使った料理

ピザなどのチーズを使った料理

オレガノはチーズにもよく合うので、ピザなどを焼くときにも少々振りかけるとよいでしょう。

いわしなどの青魚料理

いわしなどの青魚料理

オレガノはいわしやあじなどの青魚との相性がよく、くさみを消してくれます。ムニエルやハーブ焼きなどの下ごしらえの時に加えます。

PAGE TOP